課外活動(部活動)は、ハードにしても軽くにしても強制される事ではないと思う

お題「課外活動」

 

ほんとやだったんだよね

部活。

早く家に帰って

一休みして、

好きな事したかったのにさ。

なんでそんな事も

許されないんだろう。

当時はそんな風に

思ってましたよ。

 

最近ブラック部活という

言葉が出てきて

顧問になる教師に

非常に負担がかかってるから

この部活というものを

ちょっと減らそうという

動きがあるみたい。

 

もちろん教師の負担は

減るべきなんだけど

これ、同時に生徒だって

無駄な心理的負担に

なってるからねー

特に部活動強制と決まってる

市区町村!!

 

だいたい

数種類ある部活の中で

そん中でやりたいモノが

いっこもなかったら

どうすんのよ。

無理しても

なんかやんなきゃいけないの?

そういうのは学校の勉強だけで

勘弁してくれよ。

 

授業が終わったら早々家帰って

それぞれの好きなコト、

動画作成してみたりさ、

CG作成したりさ、

プログラム組んでみたりさ、

家電を改造してみたりさ、

(↑違法)

デジ絵、アナログ

描いてみたりさ、

ソープカービング

してみたりさ、

ひたすら正座して

カラヤンを聴いたりさ(渋っ)

カール・ベームとかだったら

 もっと渋い)

本読んだりさ、

新しい料理のメニュー

編み出してクックパッド

載せたりさ、

ひたすら地図眺めてたりさ、

ひたすら英和辞典眺めたりさ、

服作ったりさ、

優待生活桐谷さんのTシャツ

作ったりさ(笑)

エレアコ弾いたり

篠笛にいそしんだりさ、

小唄作ったりさ、

短歌俳句集出したりさ、

そういう自由を学校は

なんで与えてくれないの??

 

あと逆に

本気でガチで、マジで

野球やサッカーなどに

打ち込みたい人。

 

本っっっ気で

甲子園行きたいんだよって人。

将来W杯、WBC出たいんだよ、

その前にドラフト選出されたい

有名球団の先発、4番に

なりたいんだよ、って人。

そんな方向けの

スポ根そのものな

超ハードな部活だって

あり続けたっていいと思う。

 

今まで県大会や全国大会

インターハイ甲子園などに

出てきた名門校まで

今の風潮に足並み揃えて

活動時間を短縮したり

する必要はないと思う。

短縮を強制するものでも

ないと思う。

そういう所に入るなら

自己責任って事で

覚悟を決めて

入るんだろうから。

 

たぶんそういう所の部活は

担任の先生が兼顧問じゃなく

専門のコーチがついてるから

問題はないかな。

 

どちらにしても

部活動を縮小するにしても

スポ根部活をそのまま

存続するにしても

全国一律とかじゃなくて

それぞれの自由にさせたら

いいと思う。

 

どちらもありだと思う。

旅行には、少々重くてもなにかしらの本を持ってく

お題「旅行に必ず持っていくもの」

 

この記事は朝の頭の体操

みたいな感じで書いてる。

 

山口晃氏が筆慣らしで

鳥獣戯画のような水墨画

さらさらさらと描くのに

ちょっと似てるか。

いや、そこまで

格好良くはないんだけど。

 

旅行や

ちょっとした1泊の泊まりには

鞄に何かしら本を入れていく

事にしている。

旅先でちゃんと手に取って

読んだ事もあるし

実際読まなかった事も多い。

 

でもそういう「楽しみ」が

鞄の中に一つあるかないかで

心理的に変わるから

少々重くても

必ず入れてる。

 

その時に読みたい本

だったりもするし、

特に何もなければ

鞄に入るサイズの

図集、画集、地図、

全く関係ない土地の

ガイドブックとかが

多いかな。

たまに、気紛れで

英語の単語集とか。

 

だけど特に画集などは

大きいサイズのものが多い。

だから文庫と同サイズまでは

いかなくても文庫サイズに近い

小型の本があれば

そしてもちろん自分の好きな画家

のものがあれば

買うようにするのを

最近始めた。

もう少しコレクションできると

いいなと思う。

 

それよりも。

 

今回のテーマは

「旅行に必ず持ってくもの」

だったよね。

 

旅行に必ず誰もが

持っていくものといえば・・

そう。鞄。

鞄ないと荷物運べないもんね。

 

実は個人的には

こちらの方が問題。

 

まあそんなに

問題でもないんだけど

割と頻繁に使ってた鞄が

強度がよわよわな為

案の定壊れてしまった。

 

だから

泊まりの時に使う鞄を

これから探す必要がある。

 

でもこの探す作業が

楽しみでもある。

「買い物エンターテイメント」

と言っていい。

 

今はネットもあるし

選択肢も広がった。

だけどなるべく実店舗で

いいのがあれば

実店舗で買いたいと思う。

 

これからじっくり

少し大きめな鞄を

探す旅に出る事になる。