自然の多い中に建ってるコンビニは、ログハウス風にすればいいのに。

お題「コンビニ」

 

もっと木の雰囲気にしてさ。

木目調でもいいから

もっと自然の中、って感じを

出して欲しい。

 

そして店の色の看板は

彩度を落とし、渋めの色にして

シックに大人な雰囲気に

して欲しい。

 

せっかく自然風景が

きれいに広がってる所に

いきなりコンビニの

派手な水色とかの看板があると

「なんで?」と思う。

 

それか

「古民家再生タイプ」の

コンビニなんてのも

作って欲しい。

 

地方、農村地帯の

一軒家が使われなくて

残っている所に

それをリノベーションして

コンビニにできないものか。

 

耐震的にも

消防法や建築法にも

クリアするように

なんとかできないかな。

 

あったらおもしろいのにな。

交通システム。どうして少しでも道幅があると車両を通してしまうのが普通になっちゃってるの?危なくてしょうがないよ。

交通システム3部作

みたいになってるな。

 

ほんとこの

どこの国でもかも

しんないけど

なんかおっかしいよなあと

思ってさ。

 

どうしてちょっとでも

道幅があると

普通自動車

通してしまう道

ばっかりなんだろう。

 

例えば住宅地エリア。

商店街の一画。

もうさ、休日の銀座みたいに

車両通行を終日

禁止にしちゃえばいいのに。

 

住宅地に関しては

ちょっと郊外になれば

必ず家の敷地内に

車両を置くことになる。

 

家と家の距離は幾分

狭くなってしまうかも

しれないし、

それが嫌だ、もっと

広々とした土地で

暮らしたいという人は

しょうがないけれど

 

家がたくさん

狭い範囲で並んでる住宅街。

そして間の道は狭めだったり

するのならば、

住宅街エリアの外一周ぐるりと

駐車スペースを確保するような

住宅街システムが

一般的になればいいのに

と思う。

 

住宅街の中は車両通行の道は

一切なく、

(しかし

 車両が通れない道幅ではなく

 救急車や消防車、

 パトカーなど救急車両に限って

 入れるようになっている)

住宅街の中にコンビニなどの

店は全くない。

 

買いに行くときは

住宅街の外にあるバイバス道路の

バス停でバスを待つ。

そのバスは頻繁に来るので

急いでいてもそれほど困らない。

 

住宅街の外に車両通行可の道路、

住宅街と住宅街、

そして商店街を結ぶ、

大型車両通行専用バイバス道路。

(高速道路ではない)

 

しかも、数ある住宅街や商店街

の間を結ぶ車両道路は

とてものどかで、

今ある地方の幹線道路のような

ロードサイドの看板だらけの

暗澹たる光景とも言える

景観でなくて、

看板もなければ、自然しかない。

 

こんな交通システムみたいな

感じにならないものかね。