タクシーは基本的に、大量の荷物も車椅子も載せられるワンボックスタイプにしたらどうか

日本に訪れる外国人観光客が

ここ数年でとても増えているとの事。

2020年東京五輪に向けて

この数は上昇傾向のよう。

 

特に都心を走るタクシーを

見て思う事がある。

 

まずは車両のてっぺんに

「TAXI」という

統一したマークを

掲げた方が良いのではという事。

 

それからもう一つある。

 

高級セダンでなくて

ワンボックスの方が

使い勝手が良いのではないか

という事。

 

私が若い頃はタクシーといえば

だいたいクラウンとかだった。

最近はプリウスなんてのも

増えたみたい。

 

でも外国人観光客は

トランクケースなど

荷物が多いはず。

後部にトランクケースを

立てたまま積める事が

できるような

間口の広い、そして

高さのあるトランクが付いてる

ワンボックスタイプなら

ストレスなくいけそうだ。

 

またワンボックスの方が

乗降の際にも楽では。

特に乗った時、

普通のセダンよりも

天井の高さがあるから

背の高い方でも乗っていて

ストレスがなさそう。

 

また車椅子を使用する方。

車椅子もこのタイプの車なら

らくらく積めるし

よりバリアフリー

使えそうな感じがする。

 

勿論セダンもあっていいけど

ワンボックスタイプも

もう少し割合を増やしたら

どうかなあと思う。