そもそも論。乗用車っていうフォーマット自体、どうなのよ。危険過ぎでしょ。

すんごいそもそも論。

 

もしだよもし、

今年2017年から、この

「乗用車」というモノ自体が

地球上において

初めて世に出るとするよ。

 

前提は馬車の後継と

考えてもいい。

 

新製品企画会議において、

この度、4、5人が乗れる、

そして一人が運転すれば

陸上なら何処へでもいける

という車両を作り、

販売したいと思います。

といったようなやりとりが

なされた上で、

今実際に販売しているような

乗用車の車両を仮に作りました。

そしていざ、テストをします。

特に安全性能の。

いろいろな検討がなされます。

 

テストした時点で

もう、ボツだよね〜〜。

 

だってさー、

人死ぬ可能性あるんだよ。

(実際今まで地球上でさー

 何人死んでんだよ、

 この乗用車というモノで!!)

 

今から世に出すとかだったら、

特にそれが日本から

世界に先駆けて発売とかだったら

ゼッタイ、ボツでしょ!

特に安全世には厳しい

日本だったらさ。

 

まかり間違ってもし

発売されてしまったら、

そして事故が起こってしまったら

それが人身事故で

病院にお世話になるほどの

軽めの怪我だとしても

消費者庁に抗議の電話が

バンバン掛かってきそうだけど。

 

もし死亡事故なんて

起きちゃった日にゃあアナタ、

タイッヘンな事になってそう。

社会問題にはなるわ、

新聞トップ一面でしょうね。

 

それが何故か

現実には各部品の規格まで

できちゃって

立派な一つのジャンルになってる。

不思議だよね〜〜。

 

今、フツーに

衝突実験とかやってるけどさ、

いやいやいやいや、

人と衝突するシチュエーション

あっちゃだめでしょーー!!

そもそも!

ってならないものかなあ。

 

「ぶつからないクルマ」

という文言が最近出てきたけど

いやいやいや、

当たり前だから!それ!!

 

 

まあ、たらればなんて

話してもしょうがないけど

なーーんでさあ、

ぶつかる可能性が高くって

しかもぶつかったら

人が即死しちゃうような

代物ができちゃって、

それがフツーに

なってっちゃったんだろ。

 

だからこそ、最近の

衝突安全機能搭載とか

エライッッ!!!と思う。

 

しかし今でも

衝突安全機能でも

コンピュータが

正常に作動しなければ

人身事故になってしまうよね。

自動運転にしてもさ、

もし大元のコンピュータが

ぶっ壊れちゃったら

目的地にたどり着かない

だけじゃなく

人身事故も起きちゃうよね。

またはハッキングされて、

なんて事もありえそうだ。

 

そうだ。

環境性能だってそうだ。

もし今年初めて

乗用車というモノが

世に出るのだったら

石油由来のガソリンなんて

使うものなんつったら

もうその時点で

ダメでしょーー。

 

ぶつかったら人死ぬわ、

地球環境も壊してるわ、

なんなんだろうねー

特に今までのクルマってさ。

なんで法律で

禁じられなかったんだろう。

今だったら

絶対法で禁じるよね。

国際法さえ出来そうだ。

 

今あるような形の

車両を作るならば

それならば交通システム、

道路のあり方を

ぜーーったい歩行者と

交わる事のないシステムを

構築するとか

または今ある車両ではなく

全て軌道が存在し

決まった線以外は絶対に通れず

歩行者とも絶対に交わらない

ものにするとか

はじめっからすべきだったと

思う。

 

UFOというか

呼称が正しくないな、

円盤体って出来ないもんかな。

人類に普及しないもんかな。

あれならまだ

安全そうだ。

 

これも

子供のような素人の

ソボクなギモンでした。