ひとりの時間はとっても貴重だよー

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

お題スロットに

「ひとりの時間の過ごし方」

が出てきたので

買いてみる。

 

いやー、

私はひとりの時間

大好きなんだよねー。

逆にひとりの時間がないと

とっても息苦しい。

だから

10数年も前の話になるが

実家を出たら

とっても楽になったのを

覚えている。

 

実家には常に家族が居て

何かにつけて私の行動を

見られて何かしら

言われてしまったりして

それはそれは・・

 

そうでなくとも

いつもいつも友達と

喋ってるという状態が

もう耐えられない。

私などは

人と喋る事に異常に

エネルギーを使う人でして

元は話し下手から

始まったものだから

異常に神経を使う。

 

もう白髪が増える程

神経を使うので

MPがそれこそどんどん

消費されていく。

気づいたら魂を吸い取られて

しまってフラフラ・・

魂の吸い取られ度は

相手によって様々だが

酷い人は次の日寝込む程だ。

特にちょっとした悪意をお持ちの方

ちょっと言葉の端々に嫌味がある

お方なんかが相手だと

もうヤバイレベル。

 

ひとりの時間が貴重である

もう一つの側面がある。

 

それは

「自分を見失わない、

 自分の目的を確認」

が出来るという側面。

「自分自身を見つめる」

という作業は

ひとりの時間が確保できないと

実現できない。

 

だから人とばっかり

一緒に居るようだと

いつしか自分を見失って

しまいがちだし

事実自分もそうだった。

 

一日に10分でも30分でも

テレビもつけず

スマホも見ず

音楽もかけず

静寂な状態の中で

ぼーっとして、

自分て、

なにが目標なんだっけー

と探る時間を持つのは

今後の行動、人生を

作る事に繋がるから

「いい人生」を送りたいなら

必須作業と言えそうだ。

 

私もその時間を確保できるように

なってから

生活そのものが楽になった。

それだけでなく

無駄な事をしたり考えたり

する時間が削減されたので

本当にやりたい事に

より集中できるように

なってきた。

 

それと私自身は

ひとりで何かを(作業とか)

ひたすら黙々とやってる時が

一番楽しかったりするので

多分人よりもひとりの時間を

必要とする部類の人だと思う。

 

本当に個人的な事な

今日の記事でした。