思考のムダ遣いをやめようと思っている

お題「ムダ遣い」

 

なんかちょっとした事が

気になってしまって

作業の手が止まる程に

なってしまって、なんて事が

若い時分はよくあった。

 

コントロール

上手くなかったなあ。

 

例えばどうでもいい事。

昨日Aが私に言った

あの表現が引っ掛かる。

わざとああいう表現で

嫌味を言おうとしたの??

とかとか。

 

べっつにホント

どーでもいいんだよねー。

 

だいたいそんな

チクッと嫌味とか

引っ掛かる表現なんか

する人となんて

そもそも交流しなくていいよね。

削除削除。

余計な心配が増えて

思考のムダ遣いが増えるだけ。

それ以前に時間の無駄。

 

それから

芸能人の私生活の問題とか

盛大にニュースになってるけど

それに意識を向けたり

記事を読んだりするのも

思考と時間のムダ遣い。

 

見た後に不快になる

サスペンスとかドラマや映画。

これも私にとっては

ムダ遣い。

 

ぜんぜん

身近でもなんでもない街の

ニューオープンで行列の

食べ物屋さんの話題とか

ぜんぜん興味ないジャンルの

フェスの話題とか

テレビをつけっぱなしに

していると

本来自分自身にとっては

あまり重要でない情報が

次から次へと入ってきて

それに思考を取られてしまう。

思考のムダ遣いを誘発するので

ここ5年以上は

テレビをつけっぱなしに

している事がまずなくなった。

 

情報は自分から

本なりネットなり、

探しに行った方が

断然良いし、その方が

良い情報に出会いやすい。

 

テレビ見てる時間あるなら、

その時間に

写真集でも画集でも

眺めていた方が、

好きなジャンルの音楽を

聴いていた方が

よっぽど幸せだ。

 

新しい収納方法を考えたり

料理のレシピを

本で探したり検索したりして

新たなレパートリーに

加えようとしたりする方が

よっぽど有益な時間だ。

 

心に引っ掛かる

あまり近しくない人の事に

時間と思考を割くよりも

身近な大切な人の事を

少しでも考えた方が

よっぽどいい。

ただ、その人にだって

その人なりの個性があるから

余計なお節介は

やめた方がいいけれど。

 

あとは、

なーんにも見ず、聴かず、

なーんにも考えずに

ぼーっと、のーんびりと

過ごしていた方が

ムダ遣いがなく

エコだったりする時もあるね。