23区内は特に、緑地、公園、そして「畑」を増やした方が良いと思う

お題「最近気になったニュース」

 

確か、都内(23区内かな)

保育園児を連れて行く公園が

満杯で(人がいっぱい)

大変な事に・・

っていうニュースが

流れてた気がする。

テレビで。

 

後にネット検索したら

ネットのニュースには

出てこなかったから

あれ勘違いかな、

なんて思ったんだけど

ネットのニュースに

ならなかっただけで

テレビのその報道番組で

独自に特集された話題

だったのかな。

 

 

公園満杯。

もしかしたら保育園の

数が増えた、とか

今まで専業主婦世帯が

多かったから今までは

なんとかなってたけど

お母さんも働きに出る世帯が

激増したため園児も激増、

保育園も増加、

それで今の公園の数、面積では

追いつかなくなった

というものかもしれない。

 

今まではそれで済んでた。

でも今のトモバタの時代

それじゃ済まなくなった、

という事かもしれない。

 

だから

色々な事情もあるかも

しれないんだけど

23区内に公園の数、面積を

増やした方が良いのは

確かなようなんだけど、

なんか問題は

それだけじゃないという

気がしてる。

 

最近「海外の反応」

という話題カテゴリが

ネットの記事で

よく見られるんだけど

その一つに

「東京はなんでこんなに

 緑が少ないの?」

というものがあったと記憶。

 

外国人観光客の方も

東京って緑少ないよねー

と認知されている模様。

みんながみんな

そうだって事も

ないかもしれないけど。

 

でも私自身も

少しは東京に住んでた

事があるので

それは本当に実感するの。

 

とにかくなんていうかね、

東京に住んでると

「地球に住んでる」という

感覚がまったく無くなる。

地に足がついている感覚が

ぶっ飛んでしまって

言いようもない浮遊感

と共に過ごす事になる。

あくまでこれは

私個人的な感覚だけど。

そんなの関係ないよ

という人だって

いっぱいいると思うから。

 

確か東京都はそれでも

緑を増やそうという

取り組みはしていると

聞いたから

昔よりは多分改善は

されてるんだと思う。

 

だけど23区内にはもっと

緑が多い広場や日本庭園が

多くてもいいと思う。

 

特に日本庭園は

もっと増やして欲しい。

そして、日本原産の花が

たくさん植えられた植物園や

庭園がもっと23区内の

特に都心と呼ばれるエリアに

あった方がいいと思う。

 

築地の跡地も4分の1ぐらい

日本庭園にしたらどうか

なんて私は思う。

食のテーマパークの周辺に。

現代の名作庭家に

お願いして造園するとか。

 

日本庭園もあるし

子供が遊べる遊具もある

という公園が特に都心で

割合を増やして

作られても良さそう。

もう、都や国が

「ここは公園だからね!

 他の土地利用は

 禁止だかんね!」って

厳重に決めて確保するとか。

 

それに、

何か建物を建てる時、

もっと「各敷地内」に

緑地率というものを

設定して

建ぺい率みたいに

その敷地内の何%は

緑にしないといけない

というような決まりに

ならないかなと思う。

 

都心のマンションも家も

必ず敷地内の何%は

木を植えないといけない

とかなれば都心の風景は

少し変わりそう。

 

そうなれば

ペンシルビル

道沿いに立ち並ぶような

無機質な

コンクリートジャングル

になる事はなくなるし

ペンシルビルがあっても

それが隙間なくというのも

なくなるし、必ず

緑が挟まれる事になるから

少しはなごむ風景になりそう。

 

駐車場だってそうだ。

駐車場建設の際は必ず

緑地を入れなさいと

都市計画法に加えて欲しいよ。

 

それから

もっとやって欲しいのは

「都市農園」。

しかもちっこいのじゃなく

結構がっつり大きいやつ。

しかもそれを

練馬区とか世田谷区とか

杉並区とかじゃなくて

港区とか千代田区中央区

新宿区目黒区渋谷区文京区

などにでっかくオープン!

ヤマダ電機

 

どうせさ、

人口減少傾向でしょう。

なんか今また「都心回帰

とか言われてるけど

そんなに長くは

続かない気がするし

それが落ち着いたら

都心だって人口減少して

今ほどは

建物は不要になると思う。

 

そうなったら

東京に似つかわしくない

アーバンスタイルが

お好みの方は

少し小馬鹿にする対象の

「農地」を増やしても

良いと思う。

 

農地を何十区画かに分割、

管轄の都や区が区民に

貸し出すという仕組み。

 

そうなったら

何かの食糧の輸入が

何かの事情で途絶えたとしても

都心の人でさえ

半分自給自足でやってれば

食べ物にはとりあえずは

困る事はなくなるだろうし、

安心感も増しそうだ。

 

伊達政宗仙台藩の武士に

天災や飢饉に備えて

家の敷地内での果樹植樹と

畑作を奨励したように

ただでさえ東京は

食料自給率が低いのだから

各家庭の敷地内で畑地確保

何か一つでも作物を栽培する

とか都市農園を借りて

小規模畑作をする

取り組みをしても

良いのではと思う。

お節介かもしんないけど。

 

そうそう、

どこかで読んだんだけど

国を衰退させる方法の一つに

その国の「食料自給率」を

下げる、というのが

方法の一つなんだそうな。

 

例えば何処かの国が

日本を衰退させたいと思うとする。

ならば何処かの国さんは

日本に対して

なんとかしてさりげなく

知らず知らずのうちに

日本の食料自給率を下げるように

もってくんだそうな。

 

食料自給率以外にも

国を衰退させる方法が

あるらしいんだけど

とにかく一つに

食料自給率がある。

 

ならばこちらは

誰がなんと言おうと

国や行政が言わなくっても

自発的に農地を増やして

畑地を増やして

果樹を増やして

自分達で栽培していくのが

賢明なのかもしれない。