「コンビニ居抜き店舗デザイン選手権」でもやったらどうか

少し前にコンビニの

事について書いたので

ついでに。

 

コンビニはほんとうに

いっぱいある。

なんでもある。

今やインフラの一部。

 

でも、そのコンビニが

必ず長年にわたって

営業しているという

保証はなく、

長〜く続いてる店もあるけど

潰れちゃう店もある。

 

都市にあるコンビニは

ビルの1階部分である事が

多いので、閉店しても

その空間がそのまま

飲食店などに変わったり

するだけだ。

 

しかし郊外だと、

コンビニ開店時にわざわざ

コンビニ向けの店舗を

建設する為、

コンビニ営業してる間は

いいんだけど

閉店すると抜け殻になる。

しばらく抜け殻のまま

なんて事も結構ある。

 

その店舗は不動産が管理、

そのうち他の業種の

店舗や、または営業所として

生まれ変わる事になる。

 

飲食店だったり本屋だったり

小さな営業所だったり

美容室理容室だったり。

 

しかしもともとコンビニ。

特に郊外のコンビニは

店舗外観に各チェーンで

特徴がある為、

他のテナントが入っても

すぐ分かっちゃう事が多い。

 

あー、ここ、

もとファミマだったのねー

セブンだったのねー

といった具合に。

 

だいたいが、

例えばセブンイレブン

ファミリーマート

屋号の看板部分の枠は

ほぼそのままに、

その枠内の看板デザインを

描き変えて、

内装を変えるだけ

だったりするので

(多分コスト削減の為)

バレバレなのだ。

 

いや別にまったく

悪い事じゃなく、

エコでいい事だと

思うんだけどね。

でも、

「かつてコンビニでしたー感」

がとてつもなく出てて

なんだかなーな感じ。

 

なんだかなーな感じだった。

だった。

 

しかし最近

なんか変わってきたっぽい。

あくまで個人的な感覚に

過ぎなかったりするのだが、

なんか変わってきた、

気がする。

その元コンビニ店舗の

外観デザインが

だんだんお洒落に

なってきたのだ。

ともすると一見

元コンビニだったと

気づかない程だ。

 

外観の壁面色を

塗り替えたり、

タイルを他の壁材に

変えていたり、

木材を所々に配し、

和モダンデザインに

なってたり、

なんかお洒落なのだ。

 

もうあれだ、

いっそのこと、

ここまで来たら

コンビニ居抜き店舗デザイン

選手権をやったらどうだろう。

 

なんかこう、

総合優勝や

銀賞、銅賞、

審査員特別賞は勿論、

幾つかの部門別に分けてさ、

例えば、、

上にも書いた「和モダン部門」

とか「ヨーロピアン部門」とか

「純和風部門」とか

「景観に溶け込んでるで賞」とか

(ネーミング古っ)

「自然派部門」とか

(だいたいは郊外だからね)

「色彩感覚秀逸部門」とか

「ローコストに見えない

 ローコスト部門」とか

(いかにもローコストな

 分かりやす過ぎるのは不可)

「外観はともかく

 内装がとにかくスゴイ部門」

なんてどうよ。

 

開催した所で

どんくらいの応募数があるか

分からんけれども。

 

それか、または

これからここの

元コンビニ店舗を例えば

ラーメン屋や寿司店、

カフェにしたいと思います、

店名は○○に決まってます。

どんな料理出したいと思います、

店舗の周りはこんな立地です、

さーーあなたなら

どんな店舗デザインにしますかー

応募しまーす、みたいな

企画もありかもしれない。

 

赤ちゃんパンダや

新しいゆるキャラ

名前募集みたいな感じで。

 

店舗デザイン募集が

定着しちゃって、

店舗デザイナーの登竜門に

なっちゃったりして(笑)

 

ポートフォリオ

経歴のひとつに

 ○年度

 コンビニ居抜き店舗デザイン

 大賞受賞

が書かれてると

キャリアに有利になったり。

 

少し前なら

テレ東の選手権の企画に

なってそうだ。