今の交通システムってなんで何十年もまかり通ってるのか。特に今だに踏切とか。

100年前ならば

踏切があるというのは

仕方がないと思える。

 

しかし今の時代になって

まだ踏切があるって

よくよく考えると

変な気がする。

 

開かずの踏切解消の為

線路か道路を高架に工事

したりして解決している

場所も既にたくさんある。

 

だけどまだ、

アブナイ踏切がある。

 

行政の財政も

あまり余裕がないのかも

しれないんだけども

そもそも踏切なんてもん自体

あんな危ないシステムが

まだこの時代に

まかり通ってるなんて

どうかしてると思ってしまう。

 

電車のホームに

ホームドアを優先的に

付けるように、

日本に存在する

踏切というものすべて、

立体交差に早急に

変えるべきだと思う。

 

そうすれば

赤いボタンを押したが

間に合わなかった、とか

子供が入ってしまって・・

とかそんな事件だって

なくなるだろう。

 

それとも今だに

あって欲しいの?

違うよねまさか。

 

それから電車の線路内に

簡単に立ち入れるように

なってしまっている場所が

多すぎるのも問題すぎる。

なんであんな状態が

まかり通るのだろうか。

 

スマホで写真が撮れる

とか

SNSに登録していれば

簡単にID作れるとか

そんな技術はいいから

先に日本全国

踏切解消、

児童の線路立ち入り不可能な

線路の工事をしてよ。