手芸屋さんに売ってるいろいろな端切れ布で、たくさん風呂敷を作りたい

お題「愛用しているもの」

 

愛用しているもの

というか

愛用している店は

最近手芸屋さん。

買っても買わなくても

とにかく入って

いろいろな布を

眺めるのが好き。

 

特に最近

面白いと思うのは

端切れの数々。

いろんな柄があるから

見てて楽しい。

 

だいたいが50cm×50cmとか

100cm×100cm、

200×200とかの寸法で

売られている。

150×150とかもあったかな。

 

柔らかい布は

ちょっと向かないけど

少ししっかりめの布で

端っこだけ縫って

(持ってる人は

 ロックミシンで一発だよね)

ちょっと整えれば

風呂敷の出来上がり。

 

50×50なら小さめの、

100×100なら大判で

食料品日用品の

買い物にも使えそう。

 

風呂敷といえば

昔はよく

どろぼうさんが持つ

緑の唐草模様が

一般的っぽかったけど、

柄なんて本当は

なんでもいい。

 

和柄じゃなくても

すごいポップな

洋風な柄でも面白そう。

 

それから

柄ものの服を着ている時

重宝しそうなのが

シンプルな無地。

これを持っておくと

なにかと便利そう。

 

だからまずは

無地で作ってみようと

思っている所。