ペデストリアンデッキって、もうちょっと日本の駅前なら日本らしくならないかな

ペデストリアンデッキ

舌噛みそうな名前。

 

駅前にあれがあると

「設備整ってます!」

「バス乗り場、

 タクシー昇降場、

 一般車両停車場、

 しっかり整えてます!」

「駅前商業施設

 アクセスしやすいです!」

って感じでとても便利で

いいんだけど、

私は前から思っていた。

 

なんだろう、

このデッキって

どうしてこんな

無機質な雰囲気が

どこからともなく

感じられて

しまうのだろう。

 

タイル張りが

いけないのかな。

それとも色?

白、だから?

いや、全体が茶色っぽい

ペデストリアンデッキ

もあったよな。

でも、それでも無機質感が

否めないんだよな・・

 

もっとあたたかい感じ

がなんか欲しい。

かといって全体を

木質のものにすれば

それで解決か?

そうじゃない気がする。

なんかとにかく

「ここ、一体

 どこの国なの?」って

思っちゃうんだよな。

なんだろこの、

無国籍感のモヤモヤ。

(以上、当時の

 私の心中独り言)

 

こういう空間こそが

もっと日本らしく

なって欲しいと思う。

 

私は少し前から

この日本って国は

東京大阪名古屋福岡

など大都市以外は

日本家屋、寺社建築はじめ

街並みも道沿いも

コンビニも商業施設、

ショッピングセンターも

仮にビル建てるにしたって

みーんなみんな

和風になっちゃえばいいと

思っているものだから、

鉄道関係、駅舎だって

この

ペデストリアンデッキ

に関してだって

ぜーんぶ

和風になっちゃえばいい

と思ってる。

 

素材はほとんど

今のままで

良いのかもしれないけど

柵や手すりなどのあたりに

和の要素が入らないかな。

 

それと色も大事で

やはり真っ白やグレーは

ダメだと思う。

薄茶色に所々焦げ茶色

とかがいい。

 

さっき素材はそのままで

って書いたけれども

もし素材を変えるならば

人が通行する所の素材は

竹材を敷き詰めるとか

木材を敷き詰めるとか

どうだろう。

 

理想は歩く所は竹か木、

全体は薄茶色など和み色で

所々に和風の造作、

和風の立体的な装飾が欲しい。

更に夜を照らす灯りも

レトロかまたは行燈か

電灯だとしても

限りなく和風の意匠がいい。

 

特に行燈。

LEDを灯した行燈を

通行する通路の脇に並べて

和の幻想的空間にするとか。

 

またベンチがあるとすれば

そのベンチは茶屋によくある

竹でできてるやつで、

本当に赤い大きい和傘が

さしてあったらいいな。

 

植物を配すなら、

樹木は日本のもので

梅とか蝋梅とか蜜柑とか

シュロチクみたいな

竹もよさそう。

 

花壇を作るなら

パンジーとかビオラ

サルビア、ベゴニア

とかじゃなくって

なでしことかサクラソウ

あやめとか石楠花とか

水仙とか桔梗とか萩とか

牡丹とか芍薬とか百合

とか竜胆とかがいい。

 

とにかく

駅前空間、

モダンなのは

もうなんかやだ。

東京だけでいい。

 

あたたかみがあって

とことん和風がいい。

 

そしたら

デッキを拠点にする

アーティストも

アコギやキーボードの

ポップスじゃなくって

三味線とか小唄とか

箏とか舞踊の人が

登場してくるかな。