紙にえんぴつでたくさん書いて、鉛筆削りでえんぴつを削るのに最近はまっている

お題「お気に入りの文房具」

 

PCやスマホの時代に

なってしまって

意識しないと

みーんな

画面の文字を打つだけで

済んじゃう今日この頃。

 

昔使ってたHBのえんぴつ。

十数年前に

思いついて買った、

色えんぴつ。

しかも水彩色鉛筆。

 

一応はデスクのペン立てに

指してはあるんだけど

長い間殆ど手につけなかった。

 

なんかかわいそうだと

思ったので

レポート用紙と自由帳を

買ってきて、

思いついたことを

自由に書くようにした。

 

その時思いついた言葉や

このところ

気になってたことや

じゃあどうしたらいいかとか

とりとめのないこと。

 

手で、えんぴつで書く

っていうのは

こんな感触だったっけ。

ボールペンで書くのとも

やっぱり違う。

書けば先が減っていって

丸くなってくから

鉛筆削りで削る。

 

一連の作業。

これを、

小学校では

やってたんだっけか。

 

削ると言う手間を

プラスしながら

手を動かして書くのも

やっぱりいいなと思った。