車道、自転車道、歩道は別個に作った方がいいと思う。小学生の列に車が突っ込んだなんて事が金輪際起こらないために。

歩道が

車道よりも一段高くなっていて

広く取ってあって

しっかり作られているならば

まだいい。

 

でもそんな恵まれている歩道なんて

どれくらいの割合だろう。

非常に少ないと思う。

 

そもそも、

車道に歩道をくっつける

という設定が

おかしいんじゃないかと

思う。

 

 

ほんとに多いんだから、

「申し訳程度の歩道」。

せっまい道に、

こんなん、車同士が

すれちがったら

絶対歩道に乗り出すだろ!

とツッコミたくなるような

中央線もない、

歩道が狭すぎる道路が

ほんとに多いんだから。

 

見通しの悪い所も

あったりして、

そういう所で

人がひかれたりすると

そんな見通しの悪いとこ

歩いてる方が悪いよとか

言われたりするとか

聞いた事もある。

 

だめだって、そんなの。

絶対だめだろう。

そんな考え方。

 

小学生に車が突っ込んでも

そこを歩いてる小学生が

悪いわけ??

違うでしょう?

 

通行量の多い

特に幹線道路は

逆に歩道はそれならば

無くした方が安全のために

良いような気がする。

思い切って

幹線道路は自動車道に

しちゃえばいいと思う。

 

しかし日本の幹線道路は

ただの道ではなくて

変に賑わっていて

(それが駅前商店街の

 空洞化につながっている)

店が多いから

家が近くならば歩道を通って

歩いて店に来る人も

いる事だろうから

そう簡単に話はできない

事であるのは重々

承知はしているが。

 

このあたりは

都市計画も一緒に

考えなくてはならない

ところだと思う。

 

そんなの現状無理!

とか言われても私は敢えて

理想を書きたいと思う。

 

道路に必ず歩道をくっつける

現状のあり方は

違うんじゃないかと思う。

 

歩道は歩道で

しっかりしたものを

作った方がいい。

特に幼稚園や

小中学校、高校の立地の

近くには。

車道に併設されているなら

絶対に一段高くして

頑丈な仕切りを入れるべきだ。

 

また、駅前商店街。

駅前商店街は基本的に

ホコ天にするべきだと思う。

 

そして、

軽車両道(自転車道)も

別個に作るべきだ。

自転車道

車に迫るほどでなくても

比較的長距離も走れるので

車道に併設するように、

しかし車道と同一でなく

作った方がいい。

 

自転車だって

ほんとに現状は危険な

通行を強いられている。

車道を基本的には通れ

なんて書いてあるけど

現状無理なんだって!

 

それに歩道通行可の場合も

あるけれども

そこには人が通ってて

自転車が今度はキケン!

 

それに車道と歩道が

白い線一本で

仕切られている場合には

もし道路が狭目ならば

それこそ

車がすれ違うたびに

線一本で仕切られた歩道が

煽りを食らって

車が容赦なく歩道に

入ってきてしまう。

そんな光景、

なんども目にしているが

みんな普通の事のように

処理されてる。

 

こんなのおかしいよ。

交通法規を変えて

自動車道を全国的に

作るべきレベルの危険度

だと思う、現状。

 

道路だって渋滞が起きて

パンクしていて

バイパスを作るべき所が

いくつもあって、

それに全国的には

まだまだ自動車で

アクセスが難しい、

自動車道が通っていない地域も

あったりして

ただでさえ自動車道整備でさえ

ままなってないのに!と

言われそうなのは十分分かる

のではあるけれども、

そもそもの、この

「車道」「歩道」

「(軽車両道)自転車道

のあり方も

ほんとに考え直した方が

いいと思う。

 

もう聞きたくない。

登校の小学生の列に

車が突っ込んで

4人の小学生が死亡、とか

通学高校生の自転車に

車が突っ込んで高校生死亡

なんてニュースは金輪際!