日本のコンビニは全国ぜーんぶ景観配慮型で、瓦葺きで、日本家屋寺社建築にすればいいという記事の追記。

瓦葺き日本家屋や

寺社建築なんてコンビニを

全部本物の素材で

全国に大量に作ったら

設備費だけで

会社傾いちゃうから

それはさすがにまずいので

追記します。

 

ヨーロッパなど

景観規制が厳しい国などでは

なんちゃって瓦とか

なんちゃって煉瓦など

「それに似せた別の素材」で

建造物を建てるのを

禁じている国もあるけれど、

それを日本で取り入れれば

そして

「日本家屋寺社建築以外

 コンビニの建築禁止」

などという御触れが出れば

コンビニの運営会社は

ご破算になってしまうだろう。

 

だからここは

ちょっとインチキ

かもしんないけど

瓦に似せた素材の屋根や

別の素材(しかも耐火素材)

なんだけど漆喰の壁や木の壁

みたいな風貌にできる壁で

なるべく素材費用安〜くして

「日本家屋っぽい」コンビニとか

「古民家風」コンビニ、

「寺社建築っぽい」コンビニ

にすれば少しは建築費が

抑えられそうだけど、

それでも全国展開は無理かな?

あの、外観の白やベージュ色の

「煉瓦風」のデザインは

いらないから、

外の壁は真っ白くていいから。

 

現状の素材でいいから

壁は今みたいな白っぽい壁で

屋根だけ、三角屋根で

瓦葺きっぽくみえるような

ものにすればいいと思う。

そして店の看板はできれば

屋根看板で、ここは木製が

いいなあ。

あの現状の

ファサード看板」

あれ、正直

やめてほしい。

 

ああいうファサード看板

コンビニだけでなくて

いろんな店で見かけるんだけど

あれ、景観破壊に

なりがちだと思うから

あの形式は日本の商店建築から

取っ払ってほしい。

 

そして道沿いに

車から見えるように

立てられる背の高い看板は

屋根付き看板を

ぜひ、希望したい。