商店建築、ハデハデなファサード看板をやめてほしい。

ファサード看板とは

商店の入り口の

上に掲げられる看板で

コンビニでも

入り口の上に店名と

たとえば三本の色違いの線が

描かれているあの看板が

ファサード看板と

いわれるものだ。

 

この看板の形式自体は

罪はないと思う。

 

なんだけど、

どうもいろいろな店の

ファサード看板を見ていると

ハデハデになりがち

のように見受けられる。

 

そしてそれは

私にとって

目に余る光景に見える。

 

たとえば看板の

地の色がホットピンク

(ショッキングピンク)

に真っ白とか

地の色が原色の青に原色の黄

とかとか

CMYKカラーモデルの

見本ですかみたいな色に

文字も黒縁に原色の黄とか

原色の黄緑とかで

またハデハデな看板。

 

割とよく見かける。

 

雑居ビルがひしめいてて

各階のテナントの

袖看板がひしめいていて

なんて場所だったら

まだ面のファサード看板が

上のようにハデハデでも

しょうがないか、

そういう場所だからと

諦めも感じるけれど、

 

そうじゃない場所、

近くに見晴らしの良い

公園があったり

お寺や神社あったり

自然が広がっている場所柄

であるにも関わらず

条例で取り締まって

ないからといって

やすやすとハデな色を

看板に使っちゃうケース。

これ結構多いし

国内旅行に行くと

本当によく見かける。

 

ああ、この店の看板さえ

なければ

この店とこの店の看板が

もう少し落ち着いた色

だったら・・・

そうすれば

自然がきれいな

この場所に合うのにな。

 

そんな事を思ったのは

いったいもう何回だろう。

 

どうしてさ、

何回も言っているけど

標識で使われる彩度と

同等とか、

それを超えるような彩度の

看板を平気で作れるのか、

私には理解できない。

 

いや、理解できるよ。

それは

「目立ちたい」からだよね。

少しでも目立って

その店を認知して欲しい、

できれば入って見て欲しい、

そういう気持ちからだ

っていうのは知ってるよ。

 

だけど、私は

こういう店見ると

心底うんざりするし

絶対に入ってやるか、

と思ってしまう。

こういう人はどのくらい

いるのだろうか。

「景観破壊してる店だから

 入りたくない」って人。

やっぱり変わり者かな。

 

看板を実際に作った人が

悪いと思われがちだけど

このような看板に

仕上がったのは

作ったその人のセンスではなく

クライアント

つまり店主のセンスだと思う。

 

「景観、風景は

 公共のものである」という

意識が欠落している人には

私は店主をやって欲しくない

このくらいに思ってしまう。

だいたい身勝手じゃないか。

自分だけ目立てば

それでいいんでしょう。

 

もっと理解に苦しむのが

個人店主ならまだしも

チェーン店展開で

このハデハデ看板を

各地に広げている人達。

「景観破壊だよこれ」

と止める人、いないんかい

会社の内部で。

そんな事言ったら

クビになるのかな。

 

愚痴を言っても

しょうがないから

改善策を書きたい。

 

もう国内は

こんな状態だから

景観法で、

ファサード看板掲示禁止」

「違反したものは懲役」

の条文を増やす。

 

ファサード看板の場所に

相当する場所には

文字看板

(チャンネル文字)

のみとする、

という条文を加える。

しかも昼間の照明は禁止。

(チャンネル文字内の照明)

これも夏期は何時、

冬期は何時になってからでないと

灯してはいけないとする。

 

どうしても

ファサード看板を

やめたくないのなら、

 

ファサード看板に描いている

色彩の彩度はいくつ以下とする

という条文。

そしてこれは

ファサード看板を掲げる際

すべての看板は事前に

国の審査を受ける事とし

違反ならば掲示禁止

つまり没。

もし審査を受けないで

掲げたならば罰則、

罰金ではなくて懲役。

これには色彩専門の

審査官が必要だ。

 

このくらい

やって欲しい。

 

私個人的には

ファサード看板自体を

国内ではもう

やめて欲しい。

文字看板

(チャンネル文字)

オンリーにして欲しい。