重要伝統的建造物群保存地区を片っ端からめぐってみたい

お題「行きたい場所」

 

行きたい場所。

まず浮かぶ言葉は

重要伝統的建造物群保存地区」。

 

宿場町や城下町、

商家町や港町、

山村集落、農村集落など

古くからある風景を

地区ごとに保存の対象にし

現在やこれからも

大切にして守っていこう

という目的で設定された地区。

 

京都祇園産寧坂

金沢の茶屋街、

郡上八幡や高山、

白川郷など

観光地として

広く知られているものも

対象になっている。

 

保存地区の対象になる分類

を一覧にしてみる。

 

港町

講中宿

鉱山町

在郷町

山村集落

寺内町

社家町

宿場町

商家町

城下町

製塩町

製磁町

製蝋町

茶屋町

島の農村集落

農村集落

武家

門前町

養蚕町・集落

里坊群

漁村集落

寺町

製織町

鋳物師町

温泉町

漆工町

宿坊群

醸造

船主集落

染織町

その他

 

町の字が

ゲシュタルト崩壊してきた。

 

以上が現行の

分類一覧。

 

分類の中には

商家町25件や

山村集落16件など

多いのもあれば

1件や2件だけの

ものもある。

 

文化庁のホームページ内

「国指定文化財等データベース」

の中の

重要伝統的建造物群保存地区

に入ると

全国現在117件の保存地区が

分類ごと、都道府県ごとに

閲覧できる。

 

この保存地区でまとめた

ガイドブックも

るるぶやまっぷるや

ことりっぷのシリーズには

入ってないみたいだけど

JTBパブリッシング

などから出ている模様。

 

このJTBの本は2千円弱、

手を出すにはぎりぎりかな。

文化庁が編集した

保存地区をまとめた本も

4千円弱ぐらいのお値段で

あるんだけど

ちょっと手が出にくいな。

 

私は旅の時

スポットでも食べ物やでも

宿でも地図でも

ついガイドブックに頼る

古い習慣が残ってて

なかなか変えられないのだけど

 

考えてみれば

文化庁のデータベースで

適当な場所を見つけて

住所を割り出したら

グーグルマップで検索して

家からの経路を割り出し、

楽天トラベルや

Booking comで

宿を調べて予約、

近くの

おいしい食べ物屋なら

食べログで調べれば

もうそれで

行けちゃうんだけどね。